SNSでお客様視点で

マーケティンオートメーションも最後の話題になりました。さて、皆さんはマーケティングオートメーションにどのようなイメージを持っているでしょうか。
マーケティングオートメーションにはメール配信システムや名刺交換での名簿作成などの機能がついています。具体的には、リストをつくり、そこから立場にあわせて情報を流し、購入したいと思ったら購入させるシステムです。

しかし、メール配信システムで待ちの姿勢よりも、実際に購入しているお客様とSNSやブログで交流していると、さらに会社が身近になって購入するのです。購入することにより、写真でサイト上にアップしたり、感想をあげることにより、会社の社員にも参考になります。苦情もあります。それも、上手に活用していくことが大事です。

会社の木がこんなになりました。桜が咲きましたという、具体的なエピソードを盛り込み、親しみのある会社をアピールしていくのです。このSNSでの出会いを利用して交流会を行うのもいいのです。

さらに、SNSやブログは無料で行うことも出来ます。そこで、安い経費で宣伝してお客様の名簿を集めて、お客様に合った販売を行えるのがマーケティングオートメーションというシステムです。販売手法は様々ですが、お客様が購入したい環境をつくることが大事と考えて販売することです。